20200726123658

フランチャイズ募集について

近年のリラクゼーション業は、健康ブームやリラクゼーションを求める人が増えたことも相まって、新規オープン店舗で激戦状態です。
女性ばかりではなく男性も美容に関して高い意識を持つ方が増えてきたため、
男性をターゲットにした美容・健康業を行うことで、他店と差別化を図っている店舗もあります。

サロンなら簡単に起業できるし、お客様にも困らないだろうと、このような激戦区へ個人でいきなり飛び込み、店をオープンしたけど集客に悩み赤字経営をしているサロンも後を絶ちません。

このような場合はフランチャイズに加盟して、その後ろ楯を得ながら参戦する方が得策だと思います。

フランチャイズに興味がある!
独立に向けて動き出したい!
セラピストの仕事が好きだけど待遇面に悩んでいる方!
独立したいけど具体的にどうすればいいのかわからない方!

そんな皆様をサポートさせて頂く、無料のコンサルもやっていますので、お気軽にお問合せください。

私たちはスモールビジネスでの成功を提供します。

開業資金を抑え低リスクで始めるための方法を、経営マインドから施術及び店舗準備までトータルでお教えます。
一律のマニュアルによる指導ではなく、お一人お一人に必要なことを臨機応変に指導します。

私たちは大手フランチャイズの様なネームバリューはありません。名前についてくる顧客もいません。
ですが、だからこそきめ細かい指導が可能で、低リスクで成功した私たちのビジネスモデルをお伝えできるのです。

 

【極上寝落ちサロンLOOP】のフランチャイズ事業

【1】開業資金が安い

初期費用30万円から可能
自分のカラダ一つで開業できる
自宅やマンションの1室で開業できる
研修期間3週間程度

【2】商品力・集客力の施策

顧客満足度の高い施術と睡眠をテーマにしたメニューの打ち出しで安定した集客とリピーターの獲得に成功しています。ホームページ無料提供します。
しっかりとした施術技術と積極技術があって成り立つモデルです。

【3】収益モデルと必要な資金

例:高知モデル
売り上げ高
月売上 50万円
月粗利 40万円
ワンルームマンションでオーナーセラピストが1名で営業
本部へのロイヤリティ
総売上から固定費を除いた額の10%

必要な開業資金
30万円〜

開業資金(内訳)
加盟金  0万円
研修費  0万円
物件取得費20万円
内装什器 10万円

【初期投資総額】30万円程度(取得物件によって異なります)

ボディケア市場は成長市場!

低価格マッサージから高品質マッサージへの市場変化!
健康、シェイプアップは今後も成長産業になり、安定的に人気が上昇するといわれております。
また、ボディケア市場は1000億円を超え、今後は2000億円まで成長する産業と推測されております。

 

出典:株式会社矢野経済研究所 
国内リラクゼーション市場調査(2019年)

1.市場概況
ボディケアやリフレクソロジーなどの施術を行うサービスであるリラクゼーション市場は、2016年まで1~2%ほどの微増で推移してきたが、2017年以降は低料金(3,000円/60分間目安)によるサービスを提供するチェーン店経営企業による積極的な新規出店と、それによる潜在需要(疲労回復や癒しを求めるニーズ)の掘り起こしにより市場は拡大傾向で推移し、2018年の国内リラクゼーション市場規模(事業者売上高ベース)は前年比104.1%の1,196億円となった。

2.注目トピック
低価格リラクゼーションサロンの台頭
リーマンショック後のデフレ時代に、60分間で3,000円を目安とする、従来の半額程度の料金で施術する店舗が出現した。その嚆矢となるのが、2009年に株式会社りらくが出店した「りらくる」である。「りらくる」は低価格を訴求することで大幅に店舗数を拡大しており、現在は「りらくる」のビジネスモデルに追随する低価格なリラクゼーションサロンが多数存在する。景気に一定の回復がみられる現在でも、事業規模を拡大するチェーン店経営企業は多く、リラクゼーション市場に定着する存在となっている。

3.将来展望
今後のリラクゼーション市場は、低価格サロンによるサービスを提供するチェーン店経営企業の積極的出店の継続により一定の成長を維持するものの、伸び率に関しては鈍化傾向の見込みである。2019年の国内リラクゼーション市場規模(事業者売上高ベース)は前年比102.0%の1,220億円になると予測する。